日本デジタルゲーム学会で夏期研究大会の発表を募集中(6/3締切)

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

日本デジタルゲーム学会は第6回夏季研究発表大会で発表を募集中です。今大会では「デジタルゲーム研究の深化」を共通テーマに、セッションごとの時間が延長され、研究と議論がより深まる予定です。新たにPV(Promotion Video)セッションが設けられ、3分程度の映像で研究や作品の発表・紹介なども可能となります。締切は6月3日です。

日本デジタルゲーム学会では夏期研究大会の開催目的の一つに、デジタルゲーム研究や開発、ビジネスなどに携わるさまざまな方々が参加して、交流を深められる環境作りをあげています。CEDECの翌日という、良いのか悪いのかよくわからないタイミングではありますが、小田急沿線と交通の便も良いため、ぜひ多くの方にご参加いただければ幸いです。

申込み・詳細

大会要綱

テーマ:デジタルゲーム研究の深化
開催日:2017年9月2日(土)
会場:専修大学 生田キャンパス 10号館 1階
主催:日本デジタルゲーム学会

発表募集要項

発表形式:

  1. 口頭発表
    口頭発表は、テーマごとに2~4件の発表をまとめて40分~100分程度のセッションを設定します。各自の持ち時間は、質疑応答を含め25分程度です(詳細は発表者へ事前にお知らせします)。
  2. インタラクティブセッション
    インタラクティブセッションは、発表者が自身のポスターやデモ機の前で説明を行う形式です。実機デモを用いての報告をしたい方、あるいは議論を深めたい方はこちらの形式の発表もご検討ください。
  3. 企画セッション
    企画セッションとは、あるテーマを設定し、1名のセッション代表者と3~4名程度の発表者をとりまとめて応募するという形式での公募です。
  4. PVセッション
    PVセッションは、3分程度のプロモーションビデオを提出していただき、研究成果や作品の発表・紹介などを行う形式での公募です。懇親会およびインタラクティブセッションでの上映を予定しています。

※口頭発表・インタラクティブセッション・企画セッション・PVセッションの発表は、発表者の中に少なくとも一名学会員の方が含まれている必要があります。

※予稿受付:発表採択者は予稿集向け論文ファイル、PVセッションでは3分程度の映像データ(mp4形式)と1ページの紹介文(PDF)の提出が必要です(7/7締切)。提出された原稿はWebサイトで公開されます。予稿が提出されない場合は発表できません。

※一般参加申込みはプログラム発表以後となります。