Unity最新バージョン「Unity 2017.1」の7月リリースが決定、新デモも公開

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

Unityの最新バージョン「Unity 2017.1」が2017年7月にリリース予定であることが明らかになりました。オランダで開催中のUnite Amsterdam 2017における基調講演でユニティ・テクノロジーズが発表しました。ショートフィルム「Adam」に続く新しいリアルタイムレンダリングのデモ「Project Forest」(コードネーム)が開発中であることも発表されました。

Unity 2017.1/リリース候補版

Unity 2017.1の主な新機能

  • Timeline&Cinemachine
  • 以下の各機能での改善
    • グラフィックス(プログレッシブライトマッパー、パーティクルシステム、iOS/Metal使用時の遅延レンダリング)
    • スクリプティング(.NET4.6/C#6 (実験的な機能として))
    • チーム内のコラボレーション機能(Unity Collaborate、エディターの生産性(FBXインポート、アニメーションキーフレーム追加時のワークフロー)
    • 2D(スプライトアトラス)
    • VRプラットフォームサポート(VR Works、Daydreamの非同期ビデオ再投影)
    • ビデオプレイヤー(PS4)
    • Universal Windows Platform(UWP)
    • Live-ops Analytics(リモート設定、標準イベント)

「Unity 2017.1」の大きな特徴の1つである新機能「Timeline&Cinemachine」を利用することで、表現したい映像の動きをリアルタイムで確認しながら、キャラクターの動きやカメラワークを自由に設定することが可能になります。既存のDCCツールによるショットベースのカットシーンとともに映像の演出やカメラワークを簡単に調整でき、映像作品の制作においてもより効率的な作業が可能となります。

開発中の新しいデモ「Project Forest」(コードネーム)も一部動画が公開されています。プログレッシブライトマッパーやポストプロセッシングスタック、スクリプタブルレンダーパイプラインなどが使用されているインタラクティブなデモで、詳細は2017年10月開催予定のUnite Austin 2017で発表される予定です。