CRI・ミドルウェアが自動車むけオーディオミドルウェア「CRI ADX Automotive」を提供開始

LINEで送る
Pocket

CRI・ミドルウェアは2017年6月29日、高度なインタラクティブサウンドを実現する車載組込み用サウンドミドルウェア「CRI ADX Automotive」の提供を開始しました。

近年、自動車には、電動化や自動化にともない多くのセンサーが搭載されています(例:車両接近通報音、クリアランスソナー、シートベルト警告音、ドア警告音など)。これらのセンサーから得られる自動車の情報は、安全な走行のためにドライバーに的確に伝えられなければなりません。

同社では「今後、自動車のスマート化が進むことにより、インターネットから得られる情報など、ドライバーに伝える情報量はさらに増えていくと見込まれます。ドライバーは進行方向を目で確認しハンドル操作を行う必要があるため、目視を必要としない音声での情報伝達は重要であり、さまざまな用途での音声の活用が見込まれます」としています。

CRI ADX Automotive

CRI ADX Automotiveは、自動車に搭載されるさまざまな通知音、警告音、音声ガイドを、車体情報や走行状態、危険度などに応じた優先順位で再生可能にするサウンドミドルウェアです。エンターテインメント分野で多くの採用実績を持つ「CRI ADX」を車載組込み向けに最適化し、状況に応じて最適な音声を再生する、高度なインタラクティブサウンド技術を組込みマイコンで実現します。

CRI ADX Automotive対応車載サウンド

コックピット系:シートベルト/ドア警告等の各種アラーム、ウィンカー、コーナーセンサー など
車体(ボディ)系:車両接近通報音、バックブザー、ドアロック音 など
カーオーディオ系:カーナビ、ラジオ、CD、TVなど

CRI ADX Automotiveの特長

①高音質・低負荷・高圧縮な組込み機器向け軽量サウンドシステム

車載サウンドを、高音質・低負荷・省メモリで実現します。高度なリアルタイム処理の必要な車載組込み機器においても、安定して
動作します。独自の音声圧縮技術によって大量の音声ガイドを搭載することもできます。

自動車の状況によって変化するインタラクティブなサウンドシステ

通知音、警告音、音声ガイドなど、自動車に搭載されるさまざまな音声を、車体情報や走行状態、危険度に応じた優先順位で再生します。リアルタイムに複数の音声を組み合わせて再生するため、必要最小限の音源データ量でインタラクティブサウンドを実現します。

③プログラムを変更せずにツールで制御パラメータを調整可能なデータ主導型サウンドシステム

音源生成、パラメータ調整、シミュレーション、最適化などのサウンドの開発から確認までのすべての工程をツールで行えます。車種に合わせて個別にプログラミングし、細かなチューニングと確認作業を繰り返す必要があったサウンド開発業務を、大幅に効率化します。