ゲームライターコミュニティ #18「実際のインタビューを大公開」(8/22)

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

ゲームメディアにたずさわる人すべてを対象とした「ゲームライターコミュニティ」で8月22日、インタビュー術をテーマにした第18回勉強会を開催します。当日はコーラス・ワールドワイドの担当者をお招きし、実際のインタビュー風景公開を通して、インタビューのノウハウが解説されます。

申込みはこちら

参考資料:ゲームライターコミュニティ #05「インタビュー取材の仕方・記事の書き方」

タイムテーブル
19:00 開場
19:10 公開インタビュー 「コーラス・ワールドワイドと国内洋ゲー市場の過去・現在・未来(仮)」
20:00 休憩
20:10 ディスカッション
20:50 終了
21:00 懇親会(希望者のみ)
主催:ゲームライターコミュニティ
コーラス・ワールドワイド
2014年に設立されたゲームパブリッシャー。海外のゲームをアジア市場向けにライセンスを受け、ローカライズし、配信している。主なタイトルは「The Room」「The Room Two」「クラウンテイカーズ」(いずれもiOS, Android)など。最新の配信タイトルは「デ・マンボ」(Nintendo Switch)と「グリフクエスト・クロニクル」(iOS, Android)。
公式サイト http://chorusworldwide.com/

ゲスト&インタビュイー:大柳竜児
P&Aシェアウェア、THQジャパン、エレクトロニックアーツ(ほか色々)を経て2014年より同社立ち上げに参加。
海外ゲームを日本に紹介するための橋渡し役になれるといいなあ、と思う41歳。

 

ゲスト&インタビュイー:二宮文月

コーラス・ワールドワイド COO。エレクトロニック・アーツ、グラスホッパー・マニファクチュア、G&D取締役、フレイムハーツ エグゼクティブ・プロデューサーなどを経て2017年5月より同社に参加。
海外トップメーカーの制作から国内受託開発、国外受託開発まで、様々な制作環境での経験を活かして新作タイトルに取り組み中の43歳。

インタビュアー:小野憲史
ゲームライターコミュニティ代表。「ゲーム批評」編集長を経て2000年よりフリーのゲームジャーナリストとして活動中。IGDA日本名誉理事・事務局長。2017年5月から専門学校東京ネットウエイブの非常勤講師として「ゲームメディア概論」を担当している。