IGDAエグゼクティブディレクターからのメール(11/13)

LINEで送る
Pocket

皆さんこんにちは。

隔週ペースで更新するといいながら、数週間も送信できずに申し訳ありませんでした。IGDA HQでは現在さまざまな案件を大車輪で進めています。組織の改善にむけて大きく前進していることについて、同意していただければ幸いです。

現在取り組んでいる案件の中で最大、かつ最も緊急で、重要なものが、新しいアソシエーション・マネジメント・カンパニー(AMC)を見つけることです。AMCは簿記や税務申告のような管理業務を行い、他にも細々とした案件を処理してくれます。私たちは基本的な会計処理だけでなく、メンバーシップや管理業務も担当する新しいAMCを見つけるために、完全な提案依頼書を作成しました。

こうした改革は皆さんにとってどのような意味を持つのでしょうか? 来年1月から、IGDA HQからのサービスで、次のような大きな改善が見られるはずです。

  • 会員申請が2日間で行われるようになります。これにはチャプター、またはSIGに所属するメンバーの氏名・会員数などが含まれます。
  • アメリカ国内のチャプターについては、新しい財務プロセスが展開されます。チャプターからの支払いと残高の要求申請は2日間で処理が行われます。必要な資金があれば、支出のためにIGDA HQからの承認は必要ありません。
  • メールアドレス、ウェブページ、契約書、その他の管理項目などの物流サポートが追加されます。

年始に向けて詳細を共有していきますが、私はこれらの変化に非常に興奮しています。 2018年の私たちの目標の一つに、IGDAのメンバーが自分たちの自発的な活動による成果をもっと容易に実感できるようにすることがあります。そして、IGDA HQからのサポートを改善することは、その目標を達成するための長い道のりとなります。

私はまた、10月にメルボルン・ゲーム・ウィーク(=MIGW)に参加し、オーストラリア(およびニュージーランド)の多くのチャプターリーダーと直接話す機会を得ました。 2018年には、GDCやMIGWをはじめとしたイベントでIGDA HQの存在感を高めていきます。それと同じように、地方の小さなイベントでも支部の存在感を高めていくための支援を行っていくつもりです。 2018年初めに、これらの地方イベントにおける財政的な支援計画を発表しますので、詳細をご確認ください。

IGDAファウンデーションから提供される素晴らしい機会についても、ここで共有したいと思います。 IGDAファウンデーションは2018年1月17日にカリフォルニア州アナハイムで開催されるカジュアルコネクトUSAで、メンターシップ・サミットを開催します(カジュアル・ゲーム協会の寛大さに感謝します)。私たちはチャプターとSIGのすべての世話人に招待状を送付したいと思います。サミットではベストプラクティス、技術がどのように役立つか(そして役立たないのか)、そして若い才能を育むためにどのような支援が可能か、企業や他の組織がメンターシップをどのように活用しているかについて議論する予定です。詳細については、jen[at]igdafoundation.orgまで電子メールでお問い合わせください。

最後に、IGDAのSlackチャンネルを通じて、皆さんはいつでも私やトリスティン、そして仲間のボランティアリーダーに連絡することができます。Slackのインビテーションが必要な場合はお知らせください。

あなたの努力とサポートについて感謝いたします。

ジェン・マクリーン
IGDAエグゼクティブディレクター
jen[at]igda.org