クロノス・グループ、Vulkan 1.1を発表

LINEで送る
Pocket

===以下、リリース全文を掲載しています===

業界を代表するハードウェア/ソフトウェア企業から構成される、オープン・コンソーシアムのクロノス・グループは(以下、クロノス)は、Vulkan 1.1 ならびにSPIR-V 1.3を公開したと発表しました。Vulkan 1.1は、バージョン1.0の広範にわたるエクステンションを統合しながら、サブグループ・オペレーション(Subgroup Operation)といったデベロッパから要求された機能を追加した、Vuklanのコア機能を拡張しています。また、クロノスは同時に、Vulkan 1.1の完全なコンフォーマンス・テストのオープンソースでの公開を行ったほか、AMD、Arm、Imagination、Intel Corporation、NVIDIA 及び Qualcommの各社がVulkan 1.1ドライバのコンフォーマンス・テスト認証に合格したことを発表しました。Vulkan 1.1並びに関連する認証テスト・ツールに関する詳細は、クロノスのVulkan Resource Pageをご参照ください。

Armのグラフィックス・リサーチ担当ディレクタでVulkanワーキング・グループ・チェアを務めるトム・オルソンは、今回の発表について次のようにコメントしています。「クロノスは、より拡張されたデベロッパ・ツール、厳格なコンフォーマンス・テスト、パブリックとなったVulkanエコシステムによって、完全かつ魅力にあふれたVulkanエコシステムを開発するという目標に取り組んでいます。Vulkan 1.1は、より優先度の高い産業界の要求に応え、デベロッパのニーズに配慮した機能ロードマップの提供を約束するものです」

Vulkan 1.1は、GPUアクセラレーション上の明確なコントロールを行う、新世代かつクロスプラットフォーム標準に対する、業界の勢いをより加速させるものです。Vulkanは現在、Windows 7、8.X、10、Android 7.0+、Linuxをはじめ、先日発表したVulkan 1.0アプリケーションをmacOS and iOSにポーティング可能とするオープンソース・ツールを含む、ほとんどすべてのGPU対応プラットフォームをサポートしています。Vulkanは、Unreal、Unity、Source 2 from Valve、id Tech、CroTeam’s Serious Engine、CryEngine、Xenkoといった、業界をリードする多くのゲームエンジンがサポートしているほか、Doom, Quake, Roblox, The Talos Principle, Dota 2をはじめ、Wolfenstein II やDoom VFRといった、AAAタイトルで独占的に使用されるAPIとして、広範なデスクトップ/モバイル・プラットフォームで動作する、30以上の最先端ゲームに使用されています。

Vulkan 1.1の新機能には、GPU上で平行して動作する複数タスク間のデータを極めて効率よくシェアし、マニピュレーション可能とする、「サブグループ・オペレーション」が含まれます。また、Vulkan 1.1には、安全なプレイパックや保護されたマルチメディア・コンテンツの表示といった、アクセスまたコピーできないリソースを使用しながらのレンダリングや表示オペレーションをするためのアプリケーションを可能とします。

さらに、広範囲に及ぶVulkan 1.0エクステンションが統合されることで、複数のイメージ・ビューの同時レンダリング、単一システム内での複数GPUの使用、バーチャル・リアリティ(VR)といった要求の厳しいアプリケーションで使用される、先進レンダリング及び機能向けクロス・プロセスAPIインターオペラビリティを含む機能を、Vulkan 1.1にもたらします。これらの中心的な機能には、16ビットメモリ・アクセス対応先進コンピュート、HLSLメモリ・レイアウト、多くのビデオ・コーデックで制作されるYCbCrカラー・フォーマット・テクスチャを通した、ビデオ・ストリームの表示・プロセス・コンポジット・サポートが含まれます。

クロノスはVulkan 1.1と共に、サブグループ・オペレーションをサポートし、拡張されたコンパイラ最適化を可能とするVulkanシェーダ中間表現機能を拡大する、新SPIR-V 1.3を発表しました。SPIR-Vツール・エコシステムは、GLSL及びHLSL双方のフロントエンド・コンパイラと共に、オープンソースであるSPIRV-Tools projectからのローレベル・ツール・サポートを拡大します。

Googleのシェーダー・コンパイラ担当リーダーで、SPIRワーキング・グループ・チェアを務めるデヴィッド・ネトは、今回の発表について、次のようにコメントしています。「私たちは、デベロッパが取り組んだSPIR-V IRの進捗を大変うれしく思います。デベロッパは、彼らのゲームやアプリケーションを販売するために、自身が選ぶシェーダ言語やさまざまなオープンソース・コンパイラを使用しています。Vulkanツールとエコシステムは、急速に進化しています」

迅速なレイヤー開発を可能とするVulkan Layer Factory (VLF)や、実際の物理的なハードウェアを必要とせずに、対象となるデバイス機能をシミュレーションするDevice Simulation Layer、デベロッパに最善の学習と最も可能性の高いアプリケーション課題に導くAssistant Layerといった、Vulkan 1.1をサポートするためにアップグレードされたLunarG Vulkan SDK ならびにtools layersなど、オープンソースであるVulkan開発ツールは、Vulkanと共に進化し続けています。さらに、RenderDocフレーム・キャプチャやイントロスぺクション・デバッグ・ツールはクロノス会員企業の支援によって、Android上での完全なネイティブVulkanのサポートが可能となったほか、SPIR-VツールやSPIRV-Cross cross compilerによる高レベル言語を使用した、SPIR-Vディスアセンブリ・サポートが改善されました。RenderDocは、ネイティブ・ディスアセンブリや情報のプロファイリングをベンダ向けに公開および、現在Vulkan 1.1のコア部分を形成する外部メモリ機能をサポートするためにアップグレートされました。

Vulkanエコシステムの協力的な進化をより強固なものとするために、クロノスは情報や様ざまな機会を共有し、協力的なソリューションを調整するために、パブリックなVulkan Ecosystem Forumを開設しました。このフォーラムの目的は、デベロッパからのフィードバックに対応し、クロスファンクション的なディスカッションを育成し、ユーザ、ツール・デベロッパ及びAPIデザイナ間のエンゲージメントを築くことです。多くの皆さまがVulkan Ecosystem on GitHubで、会話に参加されることを希望しています。

詳細情報はこちらをご参照ください。
Vulkan(https://www.khronos.org/vulkan/
クロノスのすべてのオープンソース・プロジェクト(https://github.com/KhronosGroup

Khronos Group(クロノス・グループ)について
The Khronos Groupは、さまざまなプラットフォームやデバイス上で並列コンピューティング、グラフィックス、ビジョン、センサー・プロセッシング、ダイナミック・メディアのオーサリング及び高速化を可能とする、オープンな業界標準の仕様策定を行うコンソーシアムです。クロノスが仕様策定する業界標準にはVulkan、OpenGL、OpenGL ES、OpenGL SC、WebGL、SPIR-V、OpenCL、SYCL、OpenVX、NNEF、COLLADA、OpenXR、glTFなどがあります。クロノスの会員は各仕様の策定作業に参画し、一般公開前のさまざまな過程で仕様策定に関する投票を行うことができるほか、仕様のドラフトへのアーリーアクセスならびにコンフォーマンス・テストを通して、自身のプラットフォームやアプリケーション開発の期間短縮や機能強化に役立てることができます。詳細情報はWebサイトで公開されています(www.khronos.org/)。

[本リリースの全文はこちら]