SIG-GS「世界のビジュアルノベルゲームは今。【第1回】」(5/14)

LINEで送る
Pocket

IGDA日本SIG-GameScenarioでは、ゲームシナリオライターが深く関わるゲームジャンル「ビジュアルノベルゲーム」の勉強会を2018年5月14日に開催します。
講演者に海外のビジュアルノベルゲーム事情に詳しいアクティブゲーミングメディア、PLAYISM担当の水谷俊次氏をお呼びして、世界の状況、また日本国内での課題などについて講演していただきます。
世界中で大絶賛されたインディーズノベルゲーム「VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)」などのお話も聞けるはず。
今、海外で注目されているジャンルである、ノベルゲームについての知見が得られます。
プロでなくとも、ゲームシナリオ、ビジュアルノベルゲームに興味さえあればどなたでも参加可能です。
皆さんの参加を心よりお待ちしております。

 

 

VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)
ベネズエラに拠点を置くSukeban Gamesが開発したサイバーパンクバーテンダーアドベンチャーゲーム。日本のアドベンチャーゲームにインスパイアされたレトロ調の作品で、プレイヤーはバー「VA-11 Hall-A」のバーテンダーとなり、客から注文を受け、カクテルを提供する。提供したカクテルによって物語が分岐していく。

 

開催概要

主 催 NPO法人IGDA日本
日 時 2018年5月14日(月) 18:30-20:30(18:00開場)
会 場 ポリゴンマジック セミナールーム(東京都港区六本木7-18-18 住友不動産六本木通ビル6F)
参加費 1000円

講演者プロフィール

水谷俊次
株式会社アクティブゲーミングメディア
インディーゲームを発掘・発信するプラットフォーム「PLAYISM」担当者。