インディゲームコーナーとSOWN2018の募集がスタート

LINEで送る
Pocket

東京ゲームショウで毎年恒例のインディゲームコーナー<タイプA>の募集がスタートしました。ソニー・インタラクティブエンタテインメントの協賛により、選考をパスすると無料でブース出展が可能です。

また、出展者には優れたゲームアイデアを選ぶコンテスト「センス・オブ・ワンダーナイト(SOWN)2018」のエントリー権が付与されます。SOWNのファイナリストに選出されると、SOWN2018壇上でプレゼンテーションをする権利が与えられます。

インディゲームコーナー<タイプA>は2013年に新設され、毎年多数の出展者・業界関係者・ユーザーで賑わう人気コーナーです。TGS2017では332件(40カ国・地域)の応募があり、選考の結果18カ国・地域の64の開発者が参加しました。

SOWNは“誰もがはっと、自分の世界が何か変わるような感覚”=「センス・オブ・ワンダー」を引き起こすゲームのアイデアをプレゼンテーションするイベントです。2008年にスタートし、毎年新たな旋風を巻き起こしています。

インディゲームコーナー<タイプA>の申込締切は6月8日です。なお、NPO法人IGDA日本は毎年、インディゲームコーナー<タイプA>とSOWNの開催において企画協力を行っています。

このほかインディゲームコーナーには有償の<タイプB>も存在します。申込み受付は先着順で、すでに受付が開始されています。詳細はTGS公式ホームページ「出展のご案内」を参照ください。

SOWN2017
インディゲームコーナー(2015年)

 

本ニュースの公式リリースはこちら