「あそんでまなぶ!シリーズ」第一弾「GPリーグ トレーニングジム」が公開

LINEで送る
Pocket

株式会社ユニティ(大阪市西区)は幼児・児童向けの知育・教育アプリ「あそんでまなぶ!シリーズ」の一環として、プログラミング教材として最適な無料スマホアプリ「GPリーグ トレーニングジム」の提供を開始しました。

あそんでまなぶ!シリーズ

幼児・児童向けの知育・教育アプリとして、計算、立体認識、音感、記憶などのジャンルを開発しています。2018年5月7日現在、iOS/Android向けに各45シリーズがリリース中です。【公式サイト

GPリーグ トレーニングジム

「トレーニングジム」は、プログラミング学習の基礎となる「アルゴリズム」を楽しみながら学べる、iOS/Android向けの無料ゲームアプリです。一人で遊べる「レッスンモード」とオンラインで対戦ができる「バトルモード」の2つのモードがあります。

 

レッスンモード:序盤のステージはとてもカンタンで、アルゴリズム初心者の小学生でも楽しめます。ステージを追うごとに難易度が高くなり、最後のステージ30までクリアするとアルゴリズムマスターです。

バトルモード:オンラインの対戦モードです。出題されたアルゴリズムの課題をできるだけ早く、少ない手数でクリアした方が勝ちとなります。

ランキング表示:各難易度における全体のランキング(勝率)が表示されますので、友達同士で勝率を競うことも可能です。また、次回のバージョンアップでは、参加者全体の全国ランキングだけでなく、自分の学校区域やお住いの地域でのランキングを表示するローカルランキング機能を実装する予定ですので「地域ICTクラブ」の活動にも最適です。

GPリーグとは

プログラミングを現在している、またはこれからはじめる小学生を対象とし、プログラミングに対するモチベーションを高めることを目的としたプログラミングの競技会・セミナーです。学校の外で子どもたちがプログラミングの楽しさ、面白さを知り、生活をより豊かにする道具としてコンピューターを使いこなせるリテラシーと将来必要となる「21世紀型スキル」を育成する環境を整えるプロジェクトがGPリーグです。

GPリーグ実行委員会とは

「21世紀スキル」の育成に役立つためのプログラミング競技会「プログラミングコロシアム」、プログラミング体験会「ラーニングスタジオ」等の開催を通して、全国の親と子のプログラミング学習・体験環境の整備と学校、家庭、地域ICTクラブ等へのプログラミング学習教材やツールの開発・提供を行うことを目的とした民間団体です。

◆本件に関するお問い合わせ先

株式会社ユニティ アプリケーション事業部
〒550-0011 大阪市西区阿波座1-4-4 野村不動産四ツ橋ビル2F
E-mail: info[at]uni-ty.com
URL : http://www.uni-ty.com