グリー、技術開発力向上を目的として国立研究開発法人 産業技術総合研究所との連携を強化

LINEで送る
Pocket

グリーは国立研究開発法人 産業技術総合研究所に社員が出向し、ディープラーニングに関する研究を開始したと発表しました。産業技術発展への貢献と、自社エンジニアの技術開発力向上を目的として、外部研究機関との連携を強化していく取り組みの第一弾となります。

出向者が所属する人工知能研究センターは、日本の人工知能研究の中核拠点として、多数の優れた研究者を抱え、海外の研究機関との連携や、国内の複数メーカーとの共同研究チームの設立などを行っています。今回、出向者が従事するのはグリーの事業とは直接関係しない、広く社会に益する研究課題となります。ただし、そこで得られた研究開発に関するさまざまな知見や人的ネットワークなどが、今後グループ内における事業への応用や拡大に貢献することが期待されています。

本件に関して「グリーは、従来より産業界や技術コミュニティとの交流を通じ技術開発力の向上を進めてきました。昨今の学術分野から実用分野への応用の転換スピードがより一層短くなっていく状況に対応するため、今後は学術機関や研究者との交流をより一層推進し、実用分野への応用も加速していきます」とコメントしています。