欧米市場でもガチャ流行の兆し!? Fallout Shelterが大ヒット

海外でもガチャは受け入れられるのか・・・。この懸念も過去のモノになるかもしれません。gamesindustry.bizのRob Fahey氏は「ブランドとゲームとビジネスモデルが正しければ、コアゲーマー向けのゲームでも日本のように成功できる」という記事を掲載しています。

例として上げられているのが人気FP2のスピンオフタイトル「Fallout Shelter」です。E3直前にiOS向けにリリースされた本作はまたたくまに海外のトップチャートを駆け上り、ランキング1位を獲得しました。ubergizmoのTyler Lee氏は「Fallout Shelterはキャンディクラッシュサーガを収益で打ち負かしたかもしれない」という記事を掲載しています。おそらくAppAnieeなどの調査サイトを見れば、より詳しい実態がわかるかと思います(小野は有料会員ではないので不明)。

ポイントは「Fallout Shelter」が日本の人気ゲームと同じようにガチャを採用していることです。Rob Fahey氏はコアゲーマーにファンが多い「Fallout Shelter」でもガチャが受け入れられたことで、「コアゲーマーはガチャを受け入れない」という過去のドグマは否定されたと述べています。今回の例が特殊なのか、それともフォロアーが続出するのか、注視したいところです。

Fallout-Shelter-iOS-640x344