CRI、サウンドミドルウェアCRI ADX2を大型アップデート

LINEで送る
Pocket

CRI・ミドルウェアは統合型サウンドミドルウェア「CRI ADX2」の大型アップデートを9月26日に実施し、GUIの強化とmacOS対応オーサリングツールの正式リリースを行うと発表しました。なお、本製品は東京ゲームショウ2018の同社ブースでも先行デモ展示が行われます。

あらゆる開発ステージで手に馴染む操作レイアウトを新搭載

近年、ゲームの大規模化やリッチ化により、開発における作業ステージは細分化されています。
そのため、従来は主にサウンドデザインの用途で使われていたサウンドオーサリングツールが、音声データの登録・管理や内容の確認など幅広い作業ステージで使用されるようになりました。
こうした状況をかんがみ本アップデートでは、どの作業ステージでも効率的な開発が進められるように、「波形登録モード」「プレビューモード」「サウンドデザインモード」など、作業内容ごとに最適な操作レイアウトを瞬時に切り替えることが可能になります。
また、操作レイアウトはショートカットキーによる素早い画面切替が可能なうえ、カスタマイズも可能です。ユーザーは作業内容ごとに最適なレイアウトに切り替えることができるため、より効率的にサウンド制作を行えます。

レジストレーションモード
ミキサーモード
プレビューモード
リストモード

macOS対応オーサリングツールの機能強化

提供中のmacOS対応サウンドオーサリングツールの機能強化を実施し、さらにパワーアップしたサウンド開発環境を提供します。 主な強化ポイントは下記の通りです。

・ビルド時間の大幅な短縮(約1/2)
・プロファイラ機能追加(音数、CPU負荷などのサウンドの再生状況を数値およびグラフで表示)
・アクション機能強化