HSPプログラムコンテスト2018で入賞作品が決定。大賞は「まんぷく!コロナのくいしんぼうパラダイス」に決定

LINEで送る
Pocket

国産のプログラミングツール「Hot Soup Processor(HSP)」で制作されたプログラムが対象のコンテスト「HSPプログラミングコンテスト2018」(主催:HSPプログラムコンテスト2018 事務局)で入賞作品が発表され、総合最優秀・ツェナワークス賞に「まんぷく!コロナのくいしんぼうパラダイス」が輝きました。

本作は剣と魔法、そして魔法を駆使して敵を倒し、さまざまな謎を解き明かしながら、アイテムを手に入れて洞窟を踏破していくアクションRPGです。シンプルな2Dスクロールアクションながら、なぜかクセになる中毒性をはじめ、総合力の高さが入賞のぽいんととなりました。

ダウンロードはこちら

他に公式サイトでは、ゲームからテキストエディタまで個性豊かな43作品が受賞作品として公開されています。

また、入賞作品の発表に先立って応募作品を紹介するネット番組「コンテストTV」が放送されました。当日の録画は下記で視聴できます。
https://freshlive.tv/obslive/250898