CRI、SIEJAの中国ゲーム開発サポートプロジェクト「China Hero Project」に参画

CRI・ミドルウェアは中国・上海で7月27日に開催された「2016 PlayStation Conference in China」で、ソニー・インタラクティブエンタテイメント(SIE)が主導する中国ゲーム開発サポートプロジェクト「China Hero Project」に、ツール&ミドルウェア企業として参画する旨を発表しました。

「China Hero Project」はSIEJAと中国企業が提携し、中国のゲーム開発会社に対して開発技術・デバッグサービス・ビジネスオペレーション・ファイナンス支援などをサポートする取り組みです。SIEJAではこれらの活動を通して、「グローバルで通用し、成功するタイトル(=ヒーロー)の創出」と「中国ソフトウェア産業の育成と発展」への貢献をめざすとしています。

この取り組みでCRIは、「China Hero Project」のパートナー企業として、本プロジェクトに選定された中国のゲームデベロッパーに対して音声・映像ミドルウェア「CRIWARE」の提供とサポートを行います。

各パートナー企業の役割

◆SIEJA(タイトルの選定、技術サポート、ビジネス・オペレーションサポート)
・グローバルで通用し得るタイトル、企業の選定
・PlayStationプラットフォーム上での技術サポート
・ビジネス・オペレーション全般の横断的なサポート

◆CRIおよびツール&ミドルウェア企業、品質/UXサービス企業(開発支援、品質/UXの向上)
・PlayStationプラットフォーム用ソフトウェア開発における良質な技術の導入促進
・Quality assuranceやUser experience向上のサポート導入、品質管理の向上
・中国のPlayStationプラットフォーム用ソフトウェア開発会社のレベルの底上げ支援

◆ウィズ・パートナーズ(経営マネジメント・資金調達)
・経営サポート、経営者育成および資金調達支援
・ゲームソフトウェア開発を進めるための予算およびマネジメント支援

SIEJAデピュティプレジデント(アジア統括) の織田博之氏 は「中国の多くの優秀なゲーム開発者が、PlayStationプラットフォーム用に開発した素晴らしい作品を、世界中のユーザーに楽しんでもらうことを夢見ています。素晴らしい作品の創出には、高い技術力が欠かせません。日本のゲーム開発を支えてきた「CRIWARE」の音声・映像技術は、中国のPlayStationプラットフォーム向けソフトウェアの開発環境の充実に貢献し、本プロジェクトが目指す魅力的なタイトルおよび優れたゲームコンテンツの創出において、強力なパートナーとなるでしょう」とコメントしています。

またCRI代表取締役社長の押見正雄氏は「『CRIWARE』は、日本の高品質な家庭用ゲーム開発を20年にわたり支えてきたミドルウェアです。日本発で全世界で1,000万本を超えるセールスを記録するようなゲームにも採用されています。今回のプロジェクトで、世界中のゲーマーを夢中にさせる中国発のゲームが誕生すると確信しています。ゲームの持つ臨場感や没入感を実現するためには、高品質な音声・映像は必須な技術です。3,300タイトルを超えるゲーム開発を支えてきた弊社のミドルウェア「CRIWARE」によって、世界レベルのゲームクオリティを実現できると考えています。我々は、このプロジェクトに参画でき、中国のゲーム開発に貢献できることを非常に嬉しく思っております」とコメントしています。

SIE上海は7月28日・29日に開催されるChina Game Developers Conference(以下CGDC)で、「China Hero Project」の概要および参画パートナー各社の製品、サービスの紹介を実施します。CRIの押見氏も講演に登壇し、「コンソール開発におけるサウンド統合システムの優位性」をテーマに、「CRIWARE」のゲーム開発におけるノウハウや技術の紹介を行う予定です。