デジタルからくり装置づくりワークショップ in 調布(11/19)

LINEで送る
Pocket

NPO法人IGDA日本SIG-4NGでは地域の小学生高学年から中学生を対象に、ゲームエンジン上でドミノ倒しのようなコンテンツの制作体験を行う「デジタルからくり装置づくりワークショップ in 調布」を青少年ステーションCAPS(東京都調布市)で11月19日に開催します。

本ワークショップではサンプルのステージを参加者が各自で改造しながら、それぞれを連結し、一つの大きなステージへと完成させる体験を通して、ゲーム作りの基礎となるデジタルエンタテインメントコンテンツの共同制作を体験します。また自作のキャラクターをゲーム内に取り込む「お絵かきワークショップ」と組み合わせ、アートとプログラムの双方でコンテンツ開発を体験します。主要ツールとしてUnityとSourceTreeを使用します。

bg_karakuri_main
第1回の模様

本ワークショップは2016年7月2日にまなそび海賊団(福島県郡山市)で開催した内容がベースとなっています(前回の模様はこちら)。第2回目となる今回は、産業界よりマーベラスエンタテインメント執行役員の岡田茂氏、学術界よりシリアスゲーム研究などで知られる東京工科大学の岸本好弘氏を外部評価員に迎えて実施いたします。

主催:NPO法人IGDA日本
助成:公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団
機材協賛:株式会社サードウェーブデジノス
会場:青少年ステーションCAPS(東京都調布市上石原1-36-2)
日時:11月19日 午後2時~5時(開場1時半)
対象:小学生高学年~高校生 10名
外部評価員:岡田茂(マーベラスエンタテインメント)、岸本好弘(東京工科大学)

*調布市在住以外の方もご参加いただけます。保護者の方の見学も可能です。

申し込み・連絡先:infoあっとigda.jp