エンタテインメントの未来考える会 2015年度大賞は「スプラトゥーン」「ねこあつめ」「グランブルーファンタジー」が受賞

黒川塾(34)で3月18日、「エンタテインメントの未来考える会 2015」が開催され、大賞に「スプラトゥーン」「ねこあつめ」「グランブルーファンタジー」が受賞しました。

本賞はゲーム、エンタメ系メディア有識者を中津に、2015年で印象に残ったコンテンツについて議論し、選出されるものです。当日は主宰者の黒川文雄氏をはじめ、株式会社KADOKAWA エンターブレイン ブランドカンパニー・週刊ファミ通編集長の林克彦氏、株式会社リインフォース・電ファミニコゲーマー編集長の平信一氏、朝日インタラクティブ株式会社・CNET Japan編集記者の佐藤和也氏、株式会社ナイル・GameDeets編集長の辻英之編集長が登壇。会場の参加者と共に活発な議論を展開し、受賞作が選定されました。

image5

■「スプラトゥーン」 任天堂株式会社

image2

家庭用ゲーム市場に関してはスマホゲームの台頭ともにやや陰りが見えた一年でしたが、それらを払しょくする要素を持ったゲームの本来の面白さを再認識することのできた素晴らしい作品です。
多人数対戦型のゲーム性をキャッチーに幅広いユーザーに訴求し、熱中させたこと、またコンテンツの認知促進のため、全国規模のゲーム大会の運営や、その告知関連を兼ねたツイッターなどのSNS的なコミュニティ運営まで総合的にコンテンツを盛り上げることに成功した素晴らしい展開を行ったこと、それらを総合して大賞として評価しました。

■「ねこあつめ」株式会社ヒットポイント

image3

シンプルなゲームシステムでありながらも、プレイヤーを熱狂させる仕組みを取り入れ、幅広いユーザー層から支持を受けている点や、飽きさせることのないコンテンツを開発し演出したことにより大賞と評価しました。また、ファン待望の「リアルねこあつめ」企画を展開したことや、魅力的なキャラクターによりコンテンツ単体でも商品化を始め幅広い展開が実現しコンテンツパブリッシャーとして大きな可能性を感じました。

■「グランブルーファンタジー」 Cygames株式会社

image4

純粋にスマホベースに魅力的なゲームシステムやストーリー、キャラクターなどの正統派ゲームの世界観や演出を用いながらも誰もが遊びやすいロールプレインゲームとして真摯に開発していることを大賞として評価いたしました。純粋な開発姿勢でエンタテインメントコンテンツに取り込んでいることにより、幅広いユーザーへの訴求の可能性がさらに広がるコンテンツという評価に至りました。

黒川塾 エンタテインメントの未来を考える会 運営・責任者 黒川文雄 kurokawa.fumio(a)gmail.com
(協賛:デジタルハリウッド株式会社 )

image6

(c) 2015 Nintendo
(c) 2014-2015 Hit-Point
(c) Cygames,inc.